環境対策車割引とは

環境対策車割引というのは、製造段階から環境に配慮したさまざまな工夫をしている自動車について、自動車保険の保険料を割引にするという制度のことです。自動車保険を取り扱う損害保険会社によって、エコカー割引、低公害車割引などの別の名前が使われていることもありますが、趣旨としてはおおむね同じといってよいでしょう。割引の対象となるのは、保険約款などに書かれている所定の基準を満たした低公害車、低燃費車、低排出ガス車の3つの種類です。
低公害車というのは、排出ガスのなかの有害物質の濃度を一定水準まで低く抑えた自動車のことで、ガソリンと電気を切り換えるハイブリッド車、天然ガスを燃料とした天然ガス車、電気で動く電気自動車などが代表的です。
低燃費車というのは、省エネ法に基づき国が示した燃費基準を達成している自動車のことで、条件を満たした自動車には緑色の地球儀のようなデザインのシールが貼付されています。


低排出ガス車というのは、国の定める排出ガス基準に適合し、その認定を受けた自動車のことで、青い楕円形に黄色い星が並んだデザインのシールが貼付されます。
こうした割引対象は、自動車重量税などの特例措置である、いわゆるエコカー減税の対象車種とは必ずしも一致するものではありませんが、同じエコカーとしてある程度の目安にはなります。

コメントは受け付けていません。