早期契約割引とは

任意の自動車保険には、自賠責保険のような強制保険にはない、さまざまな割引制度が設けられているのも特徴のひとつで、その内容についてもそれぞれの損害保険会社ごとに異なっています。
そのなかでも比較的どの損害保険会社でも採り入れており、しかも誰でも受けられる割引制度に、早期契約割引、通称「早割」というものがあります。
この制度は、損害保険会社が指定した特定の期日よりも前に、自動車保険の契約手続きを完了させれば、保険料の一部が割引になるというものです。
基本的には自動車保険の更新時期が迫っており、そのまま同じ損害保険会社の自動車保険を使いたいといった場合に有効なものです。


お金05
この割引が適用される期日というのは、保険契約始期日よりも45日以上前というのが一般的で、これよりも前に契約の手続きを完了させれば、一律で500円程度の割引が受けられます。
損害保険会社によっては、このような割引制度に加えて、インターネットから手続きをすることで保険料の割引があるという、インターネット割引を組み合わせているところがあります。
いずれにしても、損害保険会社としては更新手続きに必要なコストが大きく節約できるようになることから、その分だけ保険料が有利になるのです。

コメントは受け付けていません。