長期優良契約割引とは

国が告示で支払基準などを定めている自賠責保険とは違って、ドライバーが任意で加入することができる自動車保険では、さまざまな保険料の割引制度が用意されており、使い方しだいではかなり有利な保険料設定で大きな補償を受けることができるようになっています。
早期割引のように、保険会社の事務処理の効率化に寄与するための割引制度もありますが、基本的には事故リスクの少なさを保険料に反映させているといったものが多く、そうした例としたはゴールド免許割引などがあります。


長期優良契約割引とよばれる制度もそのひとつであり、更新前の契約が無事故で、かつノンフリート等級が20等級であり、新しい契約のほうが事故有点数適用期間が0年、ノンフリート等級が同じく20等級という場合について適用されるものです。
条件としてはかなり厳しいものではありますが、長年にわたって安全運転を続けてきたドライバーであれば、案外とこの条件に該当している人も多いものです。
ノンフリート等級そのものも、保険契約をはじめて行う場合には6等級からというのが原則で、20等級といえば最高ランクですので、その点でもすでにかなりの保険料の割引がなされており、さらに上乗せでこうした特典が得られるということになります。

コメントは受け付けていません。